タレント動物が高校講義に=千葉〔地域〕

時事通信社

タレント動物が高校講義に=千葉〔地域〕の記事画像

 千葉県立成田西陵高校は16日、特別講義として「人間社会の中で生きる動物たち」をテーマに、「タレント動物」との触れ合いを実施した。生活科学科3年の「生物活用」科目の一環で、動植物の利用を経済、生産だけでなく、心身の癒やしや人間性の回復・かん養の視点から学習するのが狙い。

 タレント動物が所属する「湘南動物プロダクション」(成田市)が協力。生後約2カ月のライオンや、ソフトバンクのCMに出演する犬が登場した。

 講義では、湘南動物プロの伊賀紀江社長がタレント動物は欧米で「エンターテイナー」と呼ばれていることを紹介。「かわいいという面と人の世界で暮らす野生動物について知ってもらいたい」と話した。

 その上でスタッフがライオンの生態や生息の現状について説明。生徒らはライオンへの授乳を体験したり、イヌたちと触れ合ったりして、「かわいい」「触らせて」と歓声を上げていた。

 講義を受けた青山祥之君は「緊張しているかと思ったら、人に慣れていて、人懐こいことに驚いた」、秋葉なる美さんは「動物看護師になりたい。野生動物を含めたオールマイティーに対応できる看護師を目指したい」と話した。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test