鑑定留置中の容疑者逃走=病院から、公開手配-愛知県警

時事通信社

鑑定留置中の容疑者逃走=病院から、公開手配-愛知県警の記事画像

収容先の病院から逃走し、愛知県警が指名手配した小倉泰裕容疑者(県警提供)

 愛知県警守山署は23日、現住建造物等放火容疑で逮捕され鑑定留置のため名古屋市守山区の国立病院機構東尾張病院に収容されていた容疑者の男が22日夜、逃走したと発表した。同署は会社員小倉泰裕容疑者(57)=同市西区=の写真を公開し、単純逃走容疑で指名手配した。

 捜査関係者によると、小倉容疑者の勤務先がある同県北部の犬山市のコンビニで23日朝、同容疑者とみられる人物が目撃され、県警はこの方面を重点に行方を追っている。

 県警によると、小倉容疑者は名古屋市緑区の元妻の自宅に放火したとして2月、緑署に逮捕された。3月2日から鑑定留置のため同病院に入り、精神鑑定を受けていた。

 守山署によると、22日午後9時15分ごろ、2階にある小倉容疑者の病室の異常を知らせるアラームが鳴り、当直の医師が確認したところ、腰高窓が開いており、同容疑者がいなくなっていた。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test