男性警部補を逮捕=酒気帯び、当て逃げ疑い-高知県警

時事通信社

 酒気帯び運転で当て逃げしたとして、高知県警中村署は13日、道交法違反容疑で、同署刑事生活安全課係長の警部補浜田晃寿容疑者(39)=同県四万十市赤松町=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は13日午前1時50分ごろ、酒気帯び状態で自家用車を運転し、同市具同田黒で住宅街の電柱や民家の塀に衝突し、逃げた疑い。

 県警によると、浜田容疑者は勤務後に官舎内で同僚らと飲酒。事故に気付いて現場に来た近隣住民に「家族に相談したい」と話し、車を放置して官舎に戻ったという。 

出発:

到着:

日付:

時間: