奈良のシカ、首に矢?=軽傷、県警が捜査

時事通信社

奈良のシカ、首に矢?=軽傷、県警が捜査の記事画像

首に矢のようなものが刺さった奈良公園のシカ=13日、奈良市(奈良の鹿愛護会提供)

 奈良県などは13日、奈良公園(奈良市)に生息する野生のシカ1頭の首に、矢のようなものが刺さっているのが見つかったと発表した。傷は軽く、状態に変化がなければ14日にも公園に放す予定。奈良のシカは国の天然記念物に指定されており、県警奈良署は文化財保護法違反容疑で捜査を始めた。

 県と保護団体「奈良の鹿愛護会」によると、シカは体重約36キロの雌で推定4歳。首の左側に長さ約15センチの矢のようなものが刺さっていた。巻いた紙の先端から鉛筆の芯のようなものが突き出ており、傷の深さは1~2センチだった。発見時、近くには子とみられるシカがいた。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test