小惑星りゅうぐう、徐々に姿=750キロまで接近-はやぶさ2

時事通信社

小惑星りゅうぐう、徐々に姿=750キロまで接近-はやぶさ2の記事画像

探査機「はやぶさ2」が約920キロの距離から撮影した小惑星「りゅうぐう」=13日午後(JAXA提供)

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は14日、探査機「はやぶさ2」が接近中の小惑星「りゅうぐう」を約920キロの距離から撮影した新たな画像を公開した。

 運用チームの吉川真JAXA准教授は記者会見で、「まだ正確な形や表面の状況は分からないが、(初代はやぶさが着陸した)イトカワのように細長くはない」と説明。「来週になるとさらに解像度が上がるので非常に楽しみ。(科学観測を担当する)サイエンスチームの期待も高まっている」と話した。

 JAXAによると、14日時点ではやぶさ2とりゅうぐうの距離は約750キロ。りゅうぐうと背景の恒星を撮影した画像で、方角や距離を確認しながら軌道を微修正し、27日ごろの到着を目指している。

 りゅうぐうの周囲に衛星があると、探査機に衝突する危険性があるため、運用チームは最接近に備えた探索も実施。直径50センチを超える大きさの衛星はないことが分かった。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test