「日野町事件」再審開始決定=服役中死亡の元無期囚に-34年前の強殺・大津地裁

時事通信社

「日野町事件」再審開始決定=服役中死亡の元無期囚に-34年前の強殺・大津地裁の記事画像

再審開始決定を伝える垂れ幕を掲げる弁護士=11日午後、大津市の大津地裁前

 滋賀県日野町で1984年、女性が殺害され金庫が奪われた「日野町事件」で、強盗殺人罪で無期懲役が確定した阪原弘・元受刑者=服役中の2011年に病死、当時(75)=の遺族が申し立てた第2次再審請求審で、大津地裁(今井輝幸裁判長)は11日、再審開始を決定した。無期懲役または死刑が確定した重大事件で、受刑者などの死亡後に再審請求が認められたのは、戦後初めてとみられる。

 阪原元受刑者は捜査段階で自白したが、公判では無罪を主張。直接の物的証拠はなく、自白の信用性などが争われた。

 2次請求審では、元受刑者に金庫発見現場を案内させた引き当て捜査時の写真のネガが証拠開示された。その結果、有罪の根拠とされた実況見分調書に、現場からの帰りの写真が行きの写真として使われていたことが判明していた。

 決定で今井裁判長は、警察官が誘導したことは否定したものの、金庫発見現場に鉄塔があることなど断片情報を知らせ、元受刑者の曖昧な言動を有利に解釈するなどした結果、現場にたどり着いた疑いがあるとした。 

出発:

到着:

日付:

時間:

test