10月に永楽館歌舞伎上演=兵庫県豊岡市〔地域〕

時事通信社

 近畿最古の芝居小屋「永楽館」(兵庫県豊岡市)で、恒例の永楽館歌舞伎が10月18日から24日まで開かれる。2008年の第1回から主演している歌舞伎俳優の片岡愛之助さん(46)が大阪市内で記者会見し、「永楽館歌舞伎でたくさんの役を学ばせていただいた。一生、出演を続けたい」と意気込みを語った。

 第11回の今年は、武蔵坊弁慶が生涯たった一度、恋をしたという伝説を題材にした「御所桜堀川夜討 弁慶上使(ごしょざくらほりかわようち べんけいじょうし)」を上演。さらに、第10回までに上演した21演目の中から、ファン投票でもう1演目を選ぶ。

 弁慶上使について、愛之助さんは「人間の情や思いやりなど、いろんなものが含まれている。小さいお子様がご覧になられても分かりやすく、いかにも歌舞伎らしい演目」と説明した。

 同席した中貝宗治豊岡市長(63)は、小学生向けに歌舞伎、三味線、日本舞踊の基礎に触れてもらうワークショップを8月に開く計画を明らかにし、「永楽館歌舞伎が多くの大人たちにファンを築いてきた。それを、いよいよ子供たちに受け継ぐ時が来た。子供たちが面白さを知り、豊岡の文化として根付いていくに違いない」と期待していた。 

出発:

到着:

日付:

時間: