被害届146件紛失=ファイルごと誤廃棄か-福岡県警

時事通信社

 福岡県警は12日、中央署が保管していた146件の窃盗事件の被害届などが入ったファイル3冊を紛失したと発表した。県警は「ファイルごと誤廃棄した可能性がある」と説明している。

 県警によると、紛失した被害届は2012年10~11月に受理した窃盗事件のもので、被害者139人分の住所や年齢などの個人情報も含まれていた。これまでに悪用された形跡はないという。 

出発:

到着:

日付:

時間: