20代女子の9割がアロマコスメに興味あり! 商品購入の決め手は「香り」がダントツ

ADDIXが運営するブログメディア「BWRITE(ブライト)」は、同社が運営するクラウドソーシングサービス「Skets(スケッツ)」の20代女性会員を対象に「アロマコスメ(※)に関する意識調査」を実施した。調査は2014年6月12日~20日にかけて実施し、200人から有効回答を得た。

アロマコスメを購入して使ったことがあるか尋ねたところ、20.0%が「ある」と回答した。「興味がなく購入して使ったこともない」は12.0%に留まり、全体の88.0%がアロマコスメに興味があるという結果となった。使用中のアロマコスメのブランドトップ3は「WELEDA」「L‘OCCITANE」「Neals Yard Remedies」。海外ブランドが多い中「生活の木」といった日本のブランドも挙げられている。

商品購入の決め手となったものとして、53.7%が「店舗やサロンでのスタッフの説明」を挙げた。商品購入の決め手となったポイントで、圧倒的に多かったものは「香り」(82.9%)で、2位の「効果/効能」(63.4%)に20ポイント近い差をつけた。

アロマブランドが出しているコスメについて、ポジティブ・ネガティブイメージを答えてもらったところ、ポジティブなイメージの1位は「香りが良い」(29.5%)だった。一方、ネガティブなイメージは、「価格が高い」(26.5%)が最多となっている。

※精油などを配合したアロマテラピー効果のある化粧品。バスオイル、マッサージオイル、ボディクリームなどのボディ化粧品も含む

(エボル)


[関連記事]
化粧品に振動を!?新発想のコスメブランド誕生。
アイテムは何を使う?オーガニック商品についての調査結果!
すっかり広まった「オーガニックコスメ」9割以上の女性が「興味あり」!

  • 社会
  • 国際
  • 芸能
  • トラベル
  • 雑学
  • 雑誌
 ジョルダン乗換案内

出発:

到着:

日付:

時間:

トピックス

<PR>おすすめ情報