世界中から最年少レーサーが集まる「ストライダーワールドカップ」間もなく開催!

PR TIMES

世界中から最年少レーサーが集まる「ストライダーワールドカップ」間もなく開催!の記事画像
STRIDER CUP WORLD CHAMPIONSHIP 2018 アメリカコロラド州ボルドーにて7/21開催

2歳から乗れるペダルなし二輪車「ストライダー」を使用した世界規模のレースイベント「STRIDER CUP WORLD CHAMPIONSHIP 2018(以下 ストライダーワールドカップ)」。今年で8年目を迎える本大会は7月21日(土) アメリカ コロラド州ボルダーにてまもなく開催されます。世界11ヶ国から選手が集まり、日本からは20名を超える選手が参加いたします。

[画像1: https://prtimes.jp/i/11235/25/resize/d11235-25-508259-7.jpg ]

ストライダーワールドカップは、毎年1回アメリカで行われるストライダーの世界規模のレース。世界各国の2~5歳の子どもたちが集まり、各年齢毎にストライダーの白熱したレースを繰り広げます。今年で8年目を迎え、今では世界のストライダーキッズの夢の舞台とされている本大会。その始まりは、2011年より日本で開催されていた「ストライダーカップ」から、世界に広がったものでした。


ストライダーワールドカップ|http://www.strider.jp/news/event/worldchampionship
元祖世界最年少レース「STRIDER CUP」|http://www.strider.jp/cup
[画像2: https://prtimes.jp/i/11235/25/resize/d11235-25-260748-11.jpg ]


■これまでの日本選手の活躍。
歴代の世界チャンピオンの名前を見ていくと、ストライダーワールドカップが始まった2011年から現在に至るまで、毎年チームジャパンから世界チャンピオンが誕生しています。そして昨年に至っては、全クラス(年齢)でチームジャパンの選手が制覇するという快挙を達成したこともあり、より一層日本人選手に関心が寄せられています。



■今大会の注目選手。
2017年の同大会で、2歳クラスの世界チャンピオンの栄冠を掴んだ、にしむらかいせい選手(現在3才)が、チームジャパンの注目選手。今年の意気込みを聞くと「2連覇を目指して頑張る!」という気合の入ったコメントをくれました。
[画像3: https://prtimes.jp/i/11235/25/resize/d11235-25-908123-0.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/11235/25/resize/d11235-25-757230-15.jpg ]


■年々高まるアジア勢のレースレベル。
チームジャパン危うし、強敵国現るか!?
近年では、中国やタイといったアジア圏の国々で、ストライダーが急激に拡がり、同時にレースも盛んに開催されています。国内でもトップクラスの選手は、スキルを高めるため、レースレベルの高い日本へ遠征レースを目的に訪日したりと、日本にとっても強豪国となりえる成長を遂げています。こうしたライバルの出現は、チームジャパンの選手に非常に良い刺激となり、例年以上に熱いレース展開される予想です。

[画像5: https://prtimes.jp/i/11235/25/resize/d11235-25-210913-6.jpg ]


今年も各方面から注目を集めるストライダーワールドカップ。
その理由は、日本のレースレベルやレース結果だけではなく、世界のフィールドで色々な事を経験させたい。という、子どもを影でサポートする親の想いが詰まっている大会だからだと思います。わずか2歳の子どもと、楽しみや喜びを共有し、家族みんなで夢中になれるスポーツは他にないと言っても過言ではありません。こうしたアクティブ家族のありかた自体も、いま注目を集めています。

【過去の参加ご家族の声】
●ストライダーが大好きで毎日トレーニングする息子を、世界という大きな舞台に立たせてあげたい。また「ストライダーが好き、レースが好き」という息子の想いをさらに高め、次に繋がるような、目標や夢を感じてもらいたい。と思い参加を決意しました。最近ではストライダーを通してかけっこなど、どんなことも1番になりたいと思うようになり、息子の成長を実感するのが嬉しいです。
●世界大会を経験することで、プレッシャーや緊張にぶっかっても乗り越える力、この先待ち構える辛いことや苦しいことに負けない力を付けてほしいと思っています。そして大きな舞台に立つことを楽しんで欲しくて出場しました。
●慎重で泣き虫な性格だった娘ですが、ストライダーに乗ることでその性格にも変化が出てきてたくましくなったと感じます。そして、息子はお姉ちゃんの影響で歩き始めた頃から、ストライダーに乗っていましたが、最近では何にでも1番になりたいと競争心も芽生え、今回は「世界大会を経験することで挑戦する気持ち」を持って欲しいと思い参加しました。

【開催情報】

大会名:『STRIDER CUP WORLD CHAMPIONSHIP 2018』
開催場所:アメリカ コロラド州ボルダー CVIC PARK
イベント日程:2018年7月21日(土)
参加対象年齢:2~5歳
大会公式サイト:http://www.strider.jp/news/event/worldchampionship


[画像6: https://prtimes.jp/i/11235/25/resize/d11235-25-314707-16.jpg ]



STRIDER(R)は、世界中200万人以上の子どもたちに愛されているただひとつのランニングバイクです。
「子どもと共に成長するランニングバイク」それがストライダーです。ストライダーにはペダルもブレーキもありません。2007年アメリカ生まれの「足で地面を蹴って進む子どものためのバイク」です。赤ちゃんが歩けるようになるのと同じで誰でも直感的に操作でき、自然とバランス感覚が向上するとして支持を得ています。発売以来、三輪車に代わる乗り物として全世界で200万台程を突破。日本国内では百貨店やスポーツショップなど全国およそ900箇所で販売されています。

■公式サイトはこちら
http://www.strider.jp/about


■公式オンラインショップ(楽天)
https://item.rakuten.co.jp/mamegyorai/171011/#green

■全国の正規販売店
http://www.strider.jp/shop

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

出発:

到着:

日付:

時間:

test