『名探偵コナン・ザ・エスケープ』を原作者:青山剛昌氏がチームコナンとして本日初体験!

PR TIMES

『名探偵コナン・ザ・エスケープ』を原作者:青山剛昌氏がチームコナンとして本日初体験!の記事画像
コナンたちと一緒に数々の難問に立ち向かい絶体絶命のピンチを乗り越えながら大興奮!!

2018年1月19日(金)よりスタートした期間限定イベント『ユニバーサル・クールジャパン 2018』。昨年、驚異の満足度99%を記録した究極の脱出ゲームが更に進化した『名探偵コナン・ザ・エスケープ~ゼロの序曲(プレリュード)~』を「名探偵コナン」の原作者、青山剛昌氏がチームコナンのリーダーとして初体験しました。数々のピンチを乗り越えながら大興奮の様子で楽しまれました。

[画像: https://prtimes.jp/i/5761/219/resize/d5761-219-171497-0.jpg ]

名探偵コナンを良く知る2名の知人と共に力を合わせ『名探偵コナン・ザ・エスケープ~ゼロの序曲(プレリュード)~』を体験した青山剛昌氏は、コナンに加え安室や灰原と共に、連携プレーで数々の難問に立ち向かいました。青山先生は名探偵コナンの作者として「楽しみにしていました。頑張ってきます!」と意気込みを話し、脱出ゲームをスタート。原作同様、迫りくる絶体絶命の数々のピンチを乗り越えながらも、制限時間が迫り脱出ならず…そのリアルな脱出ゲームの難しさに「とっても楽しかったです。結構時間があったけど、あっという間でした!他にもいくつか脱出ゲームを体験したことがあるけど、今までで一番面白かった。」と大興奮の様子で感想を述べられました。これから体験されるゲストの皆様には「チームコナンとして仲間で連携して脱出ゲームを楽しめるところがお勧めです!」と原作者ならではのおすすめポイントもご紹介いただきました。


[表: https://prtimes.jp/data/corp/5761/table/219_1.jpg ]


4月13日より公開の映画最新作「ゼロの執行人」のプロローグとなっている今回のリアル脱出ゲームは、タイトルを「ゼロの序曲(プレリュード)」と題し、大好評を得た前回からさらに進化して登場。警察庁の秘密組織・通称「ゼロ」に所属する安室が、映画と同様に大活躍します。ボクシングを得意とし、超人的な身体能力を持つ安室だからこそできる大迫力のライブ・パフォーマンスに大興奮必至。コナンや安室たちと心を通わせ、協力し合って謎を解く圧倒的な臨場感で、リアルな「名探偵コナン」の世界を満喫できます。

※『名探偵コナン・ザ・エスケープ~ゼロの序曲(プレリュード)~』は、SCRAPとタッグを組んでお届けする、本格的なライブ・パフォーマンスが融合した「リアル脱出ゲーム」です
※別途有料のチケットが必要です

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

出発:

到着:

日付:

時間:

test