ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『TAP -THE LAST SHOW-』

PR TIMES

ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『TAP -THE LAST SHOW-』の記事画像
国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活(ぴあ株式会社:東京都渋谷区)は、2017年6月16日、17日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。

[画像: https://prtimes.jp/i/11710/527/resize/d11710-527-447627-0.jpg ]


第1位は、水谷豊が40年以上温め続けてきた企画を、自ら監督と主演を務め映画化した『TAP -THE LAST SHOW-』。

第2位は、テネシー州・メンフィスの音楽シーンに焦点を当てたドキュメンタリー『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』。第3位は、馬術の障害飛越競技で五輪の金メダリストになったフランスのライダー、ピエール・デュランの実話に基づく伝記ドラマ『世界にひとつの金メダル』に決定しました。

************************************
1位『TAP -THE LAST SHOW-』92.8点
2位『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』91.9点
3位『世界にひとつの金メダル』91.2点
4位『劇場版 魔法科高校の劣等生 星を呼ぶ少女』90.8点
5位『こどもつかい』89.4点
6位『おとなの恋の測り方』86.4点
7位『心に吹く風』86.1点
8位『レイルロード・タイガー』84.3点
9位『キング・アーサー』82.4点
10位『映画 山田孝之3D』81.4点
11位『リベンジ・リスト』77.7点
12位『ドッグ・イート・ドッグ』64.0点
(6月17日ぴあ調べ)
************************************

観客コメント
1位『TAP -THE LAST SHOW-』92.8点
「もっとシンプルな内容だと思ったけれど、最後のダンスショーのシーンが凄くて、涙が出てしまった。この映画を観ればタップダンスの魅力が伝わる」(21歳・女性)
「水谷豊の恐ろしいまでの才能を思い知らされた。ラスト20分のダンスシーンは特に素晴らしく、タップを始めてみようかなと思った」(58歳・男性)
「映画のストーリーとタップダンスが別物にならず、同化していて両方を楽しめる。最後のダンスは圧巻で、劇場で実際に見ているかのようだった」(60歳・女性)

2位『約束の地、メンフィス ~テイク・ミー・トゥー・ザ・リバー~』91.9点
「あくまでメンフィスという土地にフォーカスしていて、お金とか全く関係なく好きなことをやって生きる人々が映し出されていたのがすごくよかった」(31歳・男性)
「世代を越えた交流や、亡くなった人の映像が観られて感激した。昔のソウルミュージックを知る機会になるので、詳しく知らない人にもオススメしたい」(62歳・男性)
「古いものだけを良いと言うだけでなく、新しいものを取り込んでいき、今までとはまったく違う音楽を作っていく姿に心を打たれた」(50歳・男性)

3位『世界にひとつの金メダル』91.2点
「幾多の試練や挫折、困難を乗り越えてつかんだ金メダルと、その姿に心熱く揺さぶられ、感動した」(48歳・男性)
「乗馬がテーマなのでスポーツを主体に物語が展開するのかと思ったら、親子関係などストーリーにボリュームがあって、良い意味で期待を裏切られた」(55歳・女性)
「予想と違いハラハラドキドキする場面が多く楽しかった。ヨーロッパの乗用馬の質の高さがわかる映画。乗馬をしたくなった」(60歳・女性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。
ぴあ映画初日満足度ランキング
http://cinema.pia.co.jp/ranking/
ぴあ映画生活
http://cinema.pia.co.jp/

■添付画像/クレジット
『TAP -THE LAST SHOW-』メイン画像
(C)2017 TAP Film Partners

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

出発:

到着:

日付:

時間:

test