「マイナンバーとプライバシーマークに関する意識調査」を実施

共同通信PRワイヤー

2016年3月3日

一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)

マイナンバー制度 4割が『期待』
一方で「個人情報が漏えいしプライバシーが侵害される」不安も
「マイナンバーとプライバシーマークに関する意識調査」を実施

プライバシーマーク制度やISMS制度の運用など、個人情報や情報セキュリティの観点から企業の信頼性確保、コンプライアンス確立に向けた取組みの支援を行う一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)では、2016年2月、一般消費者1000名を対象に「マイナンバーとプライバシーマークに関する意識調査」を行いました。

<調査意図>
インターネット利用者の増加や企業の情報漏えいなど個人情報の保護に関して注目が集まる中、平成28年1月より社会保障・税・災害対策の行政手続きでマイナンバーの利用が開始され、行政機関や企業における個人情報の取扱いに、より一層関心が高まってくると考えます。
JIPDECでは、個人情報を適切に取り扱う企業に対して、プライバシーマークの使用を認めるプライバシーマーク制度を推進しており、マイナンバーについても、個人情報の一部として適切な管理を行うよう求めています。
このような状況の中、この度、一般の方々の個人情報やマイナンバーに関する意識などについて具体的に把握し、制度運営に活かすために調査を行いました。

<調査方法>
1.調査の方法:株式会社ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート
2.有効回答数:1000人
3.20代~60代の5階層における男女各100名を対象
4.調査実施日:2016年2月8日(月)~ 2月9日(火)

【ピックアップ トピックス】
◆マイナンバー制度どのように感じている?
 全体の約4割が「期待」も、内8割以上は「期待しているが不安もある」
 (全体の34.2%)
◆マイナンバー制度の不安なこと。最も多い回答は
 「個人情報が漏えいし、プライバシーが侵害される」65.6%
◆個人番号カード、実際に申請したのは14.4%
◆マイナンバー制度開始により企業の個人情報の取扱いが気になる?
 約50%が「今まで以上に気になる」と回答

※プライバシーマークは、JIPDECの登録商標です。

出発:

到着:

日付:

時間: