ティラーソン米国務長官候補、現行の対ロシア制裁維持を支持

ロイター

ティラーソン米国務長官候補、現行の対ロシア制裁維持を支持の記事画像

1月11日、次期米国務長官候補に指名されたティラーソン氏は現行の対ロシア制裁を当面、維持することが望ましいとの考えを示した(2017年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ次期米大統領が国務長官に指名したレックス・ティラーソン前エクソンモービル会長(64)に対する指名承認公聴会が11日、上院外交委員会で開かれた。ティラーソン氏は現行の対ロシア制裁を当面、維持することが望ましいとの考えを示した。

同氏は「現状を維持することでわれわれはいずれの方向にも向かえることを示せる」とした上で「ロシアとの関わりが持て、相手の考えがよりよく理解できるようになるまで、現状維持を勧めたい」と述べた。

ロシアのプーチン大統領が戦争犯罪を犯しているとはいえないとも述べ、対ロシア制裁を変更する可能性に含みを持たせた。

出発:

到着:

日付:

時間:

test