韓国公正取引委員長、財閥幹部と面会へ 「自主的な」改革要請

ロイター

[五松(韓国) 19日 ロイター] - 韓国公正取引委員会(KFTC)の金尚祚(キム・サンジョ)委員長は19日、早ければ今週中にもチェボル(財閥)幹部らとの面会を開始すると発表、面会では財閥に「自主的な」改革を促すとの姿勢を示した。

韓国財閥を巡っては、政界への贈賄問題が浮上する中、コーポレートガバナンス(企業統治)や透明性向上を要求する声が強まっている。

文在寅大統領に先週、公正取引委員長に任命された金氏は、記者団に対し「財閥が自主的に模範を示すような改革を目指したい」と表明。

「財閥が政府や社会、市場の期待に反するような行動をとり続けるなら、是正を求める」とした上で、財閥が変わらないのであれば政府は「適切な措置」を講じると強調した。具体的な内容には触れなかった。

金氏はまた、公平な競争を阻害しているとの批判もある財閥の系列企業間の取引については、不正行為が疑われれば調査する、と述べた。

出発:

到着:

日付:

時間: