大西洋の今年初のハリケーン、勢力弱まる 熱帯低気圧に

ロイター

大西洋の今年初のハリケーン、勢力弱まる 熱帯低気圧にの記事画像

8月10日、全米ハリケーンセンターは10日、大西洋で発生するハリケーンとして今年第1号となる「フランクリン」がメキシコの東海岸で勢力を弱め、熱帯低気圧になったと発表した。メキシコ・ベラクルス州で9日撮影(2017年 ロイター/Victor Yanez)

[10日 ロイター] - 全米ハリケーンセンターは10日、大西洋で発生するハリケーンとして今年第1号となる「フランクリン」がメキシコの東海岸で勢力を弱め、熱帯低気圧になったと発表した。「フランクリン」のハリケーンの強さは「カテゴリー1」だった。

同センターによると、ハリケーンはメキシコ、ベラクルス州の西北西約105マイル(165キロメートル)に位置し、最大風速は時速70マイル(110キロ)という。

気象予報士は「フランクリンはメキシコ東部を通過するため、勢力が急速に弱まることが見込まれ、10日遅くか11日早朝には消滅する」と述べた。

出発:

到着:

日付:

時間:

test