政策ガイダンスは有益、経済情勢次第と認識すべき=FRB議長

ロイター

政策ガイダンスは有益、経済情勢次第と認識すべき=FRB議長の記事画像

11月14日、米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長(写真)は、将来の政策の道筋に関するフォワードガイダンスは有益だが、常に実際の経済情勢に左右されるものとしてとらえるべきだとの考えを示した。写真は9月撮影(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[フランクフルト 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は14日、将来の政策の道筋に関するフォワードガイダンスは有益だが、常に実際の経済情勢に左右されるものとしてとらえるべきだとの考えを示した。

議長は欧州中央銀行(ECB)主催の会合で「全てのガイダンスは経済見通しを条件とし、経済見通しと関連付けられるべきだ」と述べた。

またFRB当局者から相反する見解がでた場合、聞いた人を混乱させるリスクがあると述べた。

*内容を追加します。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間:

test