ドル112円半ばに上昇、株価の一段高を眺め

ロイター

ドル112円半ばに上昇、株価の一段高を眺めの記事画像

12月7日、午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、ドル高/円安の112円半ば。朝方から株高を背景に底堅く推移していたが、午後、日経平均が一段高になるとドルも連れ高となった。写真は都内で2011年8月撮影(2017年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 7日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、前日ニューヨーク市場の午後5時時点に比べ、ドル高/円安の112円半ば。朝方から株高を背景に底堅く推移していたが、午後、日経平均が一段高になるとドルも連れ高となった。

午後のドルはしばらく112.30─40円台で小動きが続いたが、日経平均が大引けに向かって300円を超える上げを見せ、ドルも連れて112.54円まで上値を伸ばした。

午後は黒田東彦日銀総裁の講演内容が伝わったが、相場に大きな反応は見られなかった。市場からは「新しいことを話しているわけではないが、景気の先行きの見通しは強気という印象を受けた」(外資系証券)との声が出ていた。

黒田総裁は、低金利の長期化について、金融仲介機能の停滞リスクに注意が必要と指摘しつつ、現時点で金融仲介機能を阻害しているとは思わないとの認識を示した。

<午前のドルはじり高>

前日に日本や中国などのアジア株が軒並み安となったことが響き、円は海外時間にかけて広範に上昇したが、米株の下げ渋りでそうした流れには歯止めがかかった。

朝方112.20円台で推移していたドルは、仲値公示を経て一時112.49円まで上昇した。日経平均が一時前日比300円近い上昇となったこともあり、底堅さを増しした。

ただ、その後は伸び悩み、正午にかけて112.40円台でこう着した。市場ではドルが上昇しにくい一因として、米上院で可決された税制改革への期待が後退している点を指摘する声が上がっている。

ドルの横ばいは米長期金利の伸び悩みを反映しているが、その背景として税制改革による景気の押し上げ効果が、当初の期待ほどではないとの試算が増えている。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 112.51/53 1.1791/95 132.66/70

午前9時現在 112.30/32 1.1802/06 132.55/59

NY午後5時 112.28/31 1.1795/97 132.44/48

(為替マーケットチーム)

出発:

到着:

日付:

時間:

test