日経平均は4日ぶり反発、前日大幅安の反動で買い戻し

ロイター

日経平均は4日ぶり反発、前日大幅安の反動で買い戻しの記事画像

12月7日、東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反発した。前日大幅安の反動で朝方から買い戻しが先行。米国株や為替が穏やかな値動きとなったことも安心材料になった。写真は都内で昨年2月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 7日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は4日ぶりに反発した。前日大幅安の反動で朝方から買い戻しが先行。米国株や為替が穏やかな値動きとなったことも安心材料になった。あすのメジャーSQ(特別清算指数)算出に向けた先物のロールオーバーが順調に進み、需給懸念が後退したことで、後場は上げ幅が300円を超えた。引き締め方向への政策シフトが警戒される中国株は軟調だったが、日本株に対する影響はみられなかった。

TOPIXは1.18%高だった。東証1部の売買代金は2兆8073億円。業種別では、その他製品、建設、金属製品が高く、東京エレクトロン<8035.T>、キーエンス<6861.T>などハイテク株の自律反発も目立った。半面、銀行、鉱業は軟調だった。市場では「海外の懸念材料があったにもかかわらず米国株が落ち着いた動きとなり、投機筋も売りは仕掛けにくくなった。あすのSQも波乱はなさそうだが、これからクリスマス休暇に向けて海外勢が積極的にポジションを積み上げるとも考えにくい」(野村証券エクイティ・マーケットアナリストの佐藤雅彦氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、鳥貴族<3193.T>が反発。同社が6日発表した11月の既存店売上高は前年比5.3%増となり2カ月ぶりにプラス転換した。足元の業況改善を好感した買いが先行した。ピジョン<7956.T>も高い。中国インターネット通販最大手のアリババ集団と、ベビー用品の販売・開発で提携したとの報道を材料視した。

東証1部の騰落数は、値上がり1716銘柄に対し、値下がりが269銘柄、変わらずが60銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22498.03 +320.99

寄り付き    22317.15

安値/高値   22317.15─22515.24

TOPIX<.TOPX>

終値       1786.25 +20.83

寄り付き     1774.8

安値/高値    1774.45─1787.56

東証出来高(万株) 152833

東証売買代金(億円) 28073.38

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間:

test