アリババとフォード、戦略的提携で合意

ロイター

アリババとフォード、戦略的提携で合意の記事画像

12月7日、中国の電子商取引最大手アリババ・グループ・ホールディングは、米自動車大手フォード・モーターと戦略的な提携で合意したと発表した。写真はアリババのロゴ、浙江省で3日撮影(2017年 ロイター/Aly Song)

[北京 7日 ロイター] - 中国の電子商取引最大手アリババ・グループ・ホールディング<BABA.N>は7日、米自動車大手フォード・モーター<F.N>と戦略的な提携で合意したと発表した。

クラウド・コンピューティングやコネクティビティーの分野で協業の機会を探る。アリババが運営するサイト「天猫」でフォード車を販売する可能性もあるという。

アリババ傘下の広告プラットフォーム「アリママ」と基本ソフト(OS)開発会社「AliOS」も、提携に参加する。提携期間は3年間。

アリババは「消費者の車の買い方や所有の形態を再定義する新たな方法を探ることが狙いだ。デジタル経路を活用して新たな小売りの機会も探りたい」と表明した。

まず小売り分野で新たな商機を探るため、試験的な調査・研究を進めるという。

フォードのジム・ハケット最高経営責任者(CEO)は、「スマート・ビークル」を開発するというビジョンの下にハイテク企業と提携していると表明した。

フォードの中国販売はここ数カ月低迷している。

アリババは、中国の自動車大手、上海汽車(SAIC)<600104.SS>とコネクテッドカーの開発で提携するなど、自動車市場でも存在感を増している。

出発:

到着:

日付:

時間:

test