ロ外相、米国務長官に外交手段による北朝鮮問題の解決を呼び掛け

ロイター

[モスクワ 7日 ロイター] - ロシアのラブロフ外相は7日、米国のティラーソン国務長官に対し米韓合同軍事演習、および米国の挑発的な発言は朝鮮半島の緊張の高まりにつながっているとの見解を伝えた。ロシア外務省が明らかにした。

ラブロフ外相とティラーソン長官はウィーンで開かれている会議に出席した際に会談し、北朝鮮の核・ミサイル開発プログラムなどについて意見を交換した。

ロシア外務省の声明によるとラブロフ外相は「朝鮮半島近辺での米国の軍事演習、および攻撃的な発言による緊張の高まりは容認できない」との考えをあらためて表明。朝鮮半島の核問題を「外交手段のみを通して解決する」取り組みを再開する必要があるとの考えを伝えた。

出発:

到着:

日付:

時間: