ドル111円前半、オプション市場は円高を警戒

ロイター

ドル111円前半、オプション市場は円高を警戒の記事画像

1月12日、午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円前半。前日からのユーロ高/ドル安地合いが続く中、ドル/円は上値の重さが意識された。写真は2016年11月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 12日 ロイター] - 午後3時のドル/円は、ニューヨーク市場午後5時時点とほぼ同水準の111円前半。前日からのユーロ高/ドル安地合いが続く中、ドル/円は上値の重さが意識された。米長期金利は2.54%台で足踏み状態となった。市場の関心はきょう発表予定の12月の米消費者物価指数(CPI)に注がれている。

ドルは朝方の取引で一時111.06円まで下落したが、その後は仲値を経て111.34円まで上昇した。その後は伸び悩み、結局、ニューヨーク終盤の水準に戻った。

通貨オプション市場で、オプション売買の傾きを示すリスクリバーサルは、1カ月物<JPYIMRR=FN>が昨年11月以来のレンジ内ながら急速に円コールオーバーへ振れており、参加者が当面の円高進行を警戒している様が浮き彫りになっている。

今週から始まったドルの下落については、年末・年始のポジションの巻き戻しが主因とされるが、きょうは12月の米CPIが発表予定で、米国でインフレが低迷していることが確認されれば、足元のドル安傾向が一段と鮮明になる可能性がある。

投機筋の動向については、「投機筋は11月後半から12月のFOMCにかけて、12月の後半、年末・年始と3回にわたってドルの買い(円売り)仕掛けをしているが、いずれもワークしていない」(外銀)、「買ったのに上がらなかったので、投げたという表現が足元のドル安/円高の説明には最適」(外銀)との意見が聞かれた。

こうしたポジションの偏りも、ドル/円の現行水準では一巡しているとみられる。

前日の海外市場では、昨年12月の欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨で、ECBが今年初めに政策メッセージの微調整に着手する可能性が浮上したことに反応し、ユーロが買い戻された。

この日は、前日のユーロ買い戻しの流れを受け継いで、ユーロ/円は134円付近を維持したが、1月5日から4日間での約3.5円の下落幅に対して、3分の1程度しか回復していない。

ドル/円<JPY=>  ユーロ/ドル<EUR=>  ユーロ/円<EURJPY=>

午後3時現在 111.23/25 1.2042/46 133.97/01

午前9時現在 111.27/29 1.2040/44 133.99/03

NY午後5時 111.24/27 1.2031/33 133.86/90  

(為替マーケットチーム)

出発:

到着:

日付:

時間:

test