米利上げ、年内3━4回の公算大ーNY連銀総裁=TV

ロイター

米利上げ、年内3━4回の公算大ーNY連銀総裁=TVの記事画像

4月16日、ニューヨーク地区連銀のダドリー総裁は、米利上げは段階的に行われ、年内に計3─4回となる公算が大きく、最終的には政策金利を約3%まで引き上げることを目指す可能性があるとの認識を示した(2018年 ロイター/Nacho Doce)

[ニューヨーク 16日 ロイター] - ニューヨーク地区連銀のダドリー総裁は16日、米利上げは段階的に行われ、年内に計3─4回となる公算が大きく、最終的には政策金利を約3%まで引き上げることを目指す可能性があるとの認識を示した。

CNBCのインタビューで「市場は3、4回の可能性があるとみているが、5回または6回の可能性は非常に低いと私には思える」と指摘。「長期にわたる『中立(金利)』を考える上で、3%は合理的な出発点となる」とした。

また、「年内に実施する利上げの正確な回数は不明」とした上で、「インフレ率が比較的低水準にとどまっている限り、利上げは緩やかなペースとなる。インフレ率が2%を大幅に超えて上昇すれば、緩やかな利上げ軌道の変更が必要となる可能性はある」と述べた。

このほか、株式市場の水準は妥当とし、国内金融状況もなお非常に緩和的との見方を示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間:

test