中国不動産投資、第1四半期は前年比+10.4% 販売は減速

ロイター

中国不動産投資、第1四半期は前年比+10.4% 販売は減速の記事画像

4月17日、中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は、前年同期比10.4%と3年ぶりの大幅な伸びとなった。写真は商業ビルの建設現場。雲南省で2015年12月撮影(2018年 ロイター/Wong Campion)

[北京 17日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は前年同期比10.4%増と3年ぶりの大幅な伸びとなった。新築着工も加速したが、不動産販売は資金調達コストの上昇と需要の減退を受けて伸びが鈍化した。

不動産投資の伸びは、1─2月の9.9%から加速したほか、前年同期の9.1%も上回り、2015年1─2月の水準に並んだ。

アナリストらは、土地価格が大幅に上昇したことに加え、地方政府が公共住宅プロジェクトの前倒しを急いだことが、不動産投資額の大幅増加につながったのではないかとみている。

中国南西証券の北京駐在アナリスト、Yang Yewei氏は「昨年から土地価格が急伸しており、全体の投資額を大きく押し上げている」と指摘。政府による都市再開発の取り組みも第1・四半期にスピードアップし、投資額の増加に寄与したとみている。

土地取引額は1─3月に前年同期比20.3%増加したが、実際の土地購入は0.5%増にとどまった。

ロイターの推計によると、不動産投資は3月単月では前年同月比10.8%増だった。

統計局によれば、1─3月の新築着工(床面積ベース)は9.7%増加し、1─2月の2.9%から加速した。

一方、1─3月の不動産販売(床面積ベース)は3.6%増で、1─2月の4.1%から伸びが鈍化した。

ロイターの推計では3月単月の販売は3.2%増加した。

*内容を追加しました。

出発:

到着:

日付:

時間:

test