三菱商事とGE、バングラデシュのエネルギー合弁事業で基本合意

ロイター

[ダッカ 11日 ロイター] - 三菱商事と米ゼネラル・エレクトリック(GE)は、バングラデシュの電力会社サミットと合弁事業を行うことで基本合意した。2400メガワット(MW)級の火力発電所や石油・液化天然ガス(LNG)ターミナルなどを建設する。投資額は30億ドル相当。

出資比率はサミットが55%、三菱商事が25%、GEが20%。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間: