テスラ、米国内販売台数20万台に到達 来年から税控除減額に

ロイター

[12日 ロイター] - 米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>は12日、国内出荷台数が20万台に到達したと発表した。これに伴い、来年1月1日から年央までのEV購入者向け税控除額は3750ドルと、現在の7500ドルから半減する。

昨年実現した米税制改革の下、EV購入者を対象とする7500ドルの税控除はメーカー各社のEV販売20万台までに適用される。それ以降は、税控除額は半年ごとに半減し、段階的に終了する。

米ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.M>も近くEV販売台数が20万台を突破する見通し。

メルセデス・ベンツやBMW<BMWG.DE>、アウディ<NSUG.DE>などのドイツ勢が米市場でEVを投入すれば、税控除が適用されることから、テスラやGMは販売で不利な立場に立たされる可能性がある。

出発:

到着:

日付:

時間: