米JPモルガン、第1四半期米成長率予想を2.5%に下方修正

ロイター

[ニューヨーク 14日 ロイター] - 米JPモルガンは14日、第1・四半期の米経済成長率は2.5%になるとの見通しを示し、従来の3.0%から下方修正した。朝方発表された1月の消費者物価指数(CPI)は予想を上回ったものの、小売売上高が軟調だったことで効果は相殺されたとしている。

ただJPモルガンのエコノミスト、マイケル・フェロリ氏はリサーチノートで、CPIが好調だったことで「連邦準備理事会(FRB)が3月の会合で利上げを決定することはほぼ確実となった」とし、「FRBは年内3回の利上げを見込むとしているが、3月の会合でガイダンスを修正し、年内4回の利上げを見込むとする確率も高まった」とした。

出発:

到着:

日付:

時間: