ジョージ・ソロス氏のファンド、テスラ社債の新たな保有者に

ロイター

ジョージ・ソロス氏のファンド、テスラ社債の新たな保有者にの記事画像

5月15日、米著名投資家ジョージ・ソロス氏(写真)が率いるヘッジファンドが、1─3月期に米電気自動車大手テスラの転換社債を3500万ドル相当取得したことが明らかに。ベルリンで2012年撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

[ニューヨーク 15日 ロイター] - 米著名投資家ジョージ・ソロス氏が率いるヘッジファンド、ソロス・ファンド・マネジメントが、1─3月期に米電気自動車(EV)大手テスラ<TSLA.O>の転換社債を3500万ドル相当取得したことが、米証券取引委員会(SEC)への提出文書で明らかになった。

同社債の償還期限は2019年3月。ソロス氏の広報担当からコメントは得られていない。

テスラを巡っては、生産に関する諸問題や幹部の相次ぐ退社、最近発生した同社製EVの事故などへの対応が課題となっている。テスラの社債は3月末に大きく売り込まれる展開となった。

イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は14日、従業員に対し、抜本的な組織再編を検討していると明らかにしている。

出発:

到着:

日付:

時間:

test