中国外相、米の一国主義的な通商政策を批判 自由貿易の擁護強調

ロイター

[パリ 16日 ロイター] - 中国の王毅外相は16日、米国の一国主義的な通商政策を批判し、世界貿易機関(WTO)のルールに基づく国際自由貿易を擁護する姿勢を鮮明にした。フランスのルドリアン外相と会談した王外相は「貿易の一国主義は歴史の流れに反する」と指摘。「WTOのルールに基づく国際自由貿易を守る必要がある」と述べた。

両相はまた、イラン核合意維持が重要との見解で一致した。

ルドリアン外相は、北朝鮮を巡る情勢には変動があると予想しているとしつつも、非核化という主要目標を見失ってはいけないと強調した。

出発:

到着:

日付:

時間: