EU首脳、米輸入制限に対し結束の重要性を確認

ロイター

EU首脳、米輸入制限に対し結束の重要性を確認の記事画像

5月16日、欧州連合(EU)各国首脳は、ソフィアで開催した非公式の首脳会合で、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入制限措置を巡り、結束して対応することが重要との見解を表明した。首脳会合に到着するトゥスクEU大統領。ソフィアで撮影(2018年 ロイター/STOYAN NENOV)

[ソフィア/ブリュッセル 16日 ロイター] - 欧州連合(EU)各国首脳は16日、ソフィアで開催した非公式の首脳会合で、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入制限措置を巡り、結束して対応することが重要との見解を表明した。

EU各国首脳らは、頭に銃を突き付けられた状況では交渉しないと述べた。またトゥスクEU大統領は、EUの結束が重要と強調した。

トゥスク氏は記者会見で、「結束がわれわれの最大の強みで、わたしの見方は単純なものだ。われわれの見解は揺るがない」とした上で、「われわれが米国と貿易自由化を協議するには、米国の鉄鋼・アルミ関税の恒久的な撤回が必要だ」と述べた。

同氏はさらに、「EUと米国は友人であり、パートナーだ。米国の関税は安全保障を理由に正当化されることはできない。EUが米国の脅威になり得ると考えるのさえばかげている」と語った。

EU外交筋は、一致したスタンスを見いだす必要があるのは関税だけではないと指摘した。米国はイラン核合意から離脱し、欧州企業の対イラン事業が危機にさらされている。また米国は世界貿易機関(WTO)の上級委員会メンバーの指名を阻止しており、WTOの貿易紛争調停能力を低減させている。

EU筋によると、EU28カ国首脳は関税の恒久的な適用除外と引き替えに、液化天然ガス(LNG)事業での協力やWTO改革、米欧双方の自動車市場及び公的調達へのアクセス改善について米側と協議することで一致したという。

出発:

到着:

日付:

時間:

test