EU、貿易障壁撤廃で米と協議する用意 関税免除が条件=独首相

ロイター

[ソフィア 17日 ロイター] - ドイツのメルケル首相は17日、欧州連合(EU)は貿易障壁の撤廃に向けて米国と話し合うことに前向きだが、それには米国がEU製鉄鋼・アルミニウムに関税を課さないことが条件と強調した。ブルガリアの首都ソフィアで開催されるEU首脳会議に先立ち記者団に対して述べた。

トランプ大統領は安全保障を理由に、鉄鋼に対して25%、アルミニウムには10%の輸入関税を適用することを決定。EUについては6月1日までは関税適用を猶予、最終的な決定は交渉の行方次第とした。

メルケル氏は「恒久的な(関税適用)免除を望む。それが実現されれば、双方の貿易障壁をどう撤廃するか話す準備ができる」と語った。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間: