米経済、最大雇用に達したかすでに超えた可能性=ダラス連銀総裁

ロイター

[17日 ロイター] - 米ダラス地区連銀のカプラン総裁は17日、米経済は最大雇用に達したか、すでに超えた可能性があるとの考えを示した。

同総裁はテキサス州リチャードソンの商工会議所のイベントで「ダラス地区連銀としては、米経済は完全雇用に達したか、すでに超えた可能性があると判断している」と述べた。

カプラン総裁は現時点では、年内あと2回の利上げがあるとの見方を支持している。

同総裁はこのほか、米国が次に景気後退に見舞われた時に財政刺激策を出動させる余裕があるかどうかが懸念となっているとの考えも示した。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

出発:

到着:

日付:

時間: