秋の連休は現地見学に行こう

SUUMOジャーナル

秋といえば、読書の秋、勉強の秋、食欲の秋、スポーツの秋…と、なにをするにもいい季節といわれています。夏の暑さも落ちついて、一年でも一番すごしやすい季節ですものね。

住活をしている皆さんは、ここにぜひ「住活の秋」を加えることをオススメします。なぜなら秋は、オープンルームやオープンハウスが増える“現地見学の旬なシーズンだからです。

■秋は物件が多くなる時期!?
え、家探しに旬なんてあるの?と思う方も多いと思いますが、実は人の動きに合わせて、不動産会社が営業に力を入れる時期があります。一年で一番活況になるのが、お正月明けのシーズン。4月の新生活に向けて、3月中に新居に引越したいという人が動く時期なので、賃貸も購入も不動産会社は大忙しとなります。この時期に合わせて、まちびらきをしたり、物件見学イベントなども、多く開催されます。たしかに、お正月って不動産会社のCMを沢山見る気がしませんか?

そしてもうひとつのトップシーズンが、秋の連休の時期といわれています。暑いお盆休みは海や山でのレジャーに出かける人が多く、なかなか家探しには足が向きませんが、行楽シーズンをすぎた秋の連休は、家探しをする人が増えてきます。そこに合わせて、分譲地の新規オープンや、週末の現地見学フェアを各社が行うため、秋は住活が活況になるのです。また、10月は異動の多い時期でもあるため、中古物件や賃貸も物件が増える時期といわれています。

せっかく家を探すなら、新しい物件が豊富に出そろう時期のほうが、希望にあった物件にめぐりあいやすいので、この秋はぜひ現地見学デビューをしておきたいですね。

■現地見学に行くには?
初めての現地見学ならば、SUUMOなどでオープンハウスや現地見学イベントを探して、気になるところに出かけてみるのが一番手っ取り早い方法。最初は現地見学ってどんなものなのか様子をみるような気持ちで、買い物がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか。イベントであれば、予約も不要なので思い立った日に行くことができますし、お金のセミナーや、来場者プレゼントがもらえる、なんてこともあります。

もし、ちゃんと希望する物件に目星をつけた上で見学したいというのであれば、SUUMOで物件を探して、気になる物件を資料請求、または電話で問い合わせをして、見学の予約をするといいでしょう。マンションモデルルームのなかには予約が必要だったり、物件によっては見に行ったけれど担当者がおらず、ムダ足になってしまう場合もあるので、きちんと予約すれば説明も受けられて安心です。

■見学に行くと、しつこく案内が届いたりしない?
もちろん、一度見学をすると、不動産会社は新しい情報を提供しようと、メールや郵送物を沢山送ってきます。これは、あなたが家探しをしようとしている人だと思うからこそ、時間を使って最新情報を送ってくれているのです。もし、見学したけれど希望に合わなかった場合などは、その旨をきちんと担当者に伝えれば、メールや郵送物が送られてくることはありません。

もし、「物件見学についてもっと詳しく知りたい」「チェックするポイントを押さえておきたい」というならば、SUUMOの「失敗しない家選びのためのスマート見学テク」をチェックしてみましょう。 また、都内近郊の人なら「SUUMO住宅展示場」は毎週末セミナーも開催しており、初めての人でも安心して見学できます。SUUMOのカワイイトートバッグももらえちゃいます。

今年の秋は「住活の秋」にして、家探しを進めてみてはいかがでしょうか?

失敗しない家選びのためのスマート見学テク
HP:http://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/sumai_nyumon/iesagashi/C0kgk000/

【住まいに関する関連記事】

中古マンション見学のポイントを、熱血マンション理事長に聞いてみた!
不動産のプロが教える「価値ある中古物件」の見立て方
賃貸、購入で契約した人が不動産会社を選ぶときに重視したポイントは?
不動産会社の営業マンは、なぜチャラく見えるのか?
「R65不動産」を運営する若者が見た、高齢者の住まい探しの現実
住まいに関するコラムをもっと読む

出発:

到着:

日付:

時間: