ご近所調査[5] 一戸建てに住んでいる人の町内会加入率は8割!どんなメリットがあるの?

SUUMOジャーナル

ご近所調査[5] 一戸建てに住んでいる人の町内会加入率は8割!どんなメリットがあるの?の記事画像

町内会や自治会は、集合住宅より一戸建てのほうが加入率が高いイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。加入している人は実際のところどう思っているのか、メリットはどんな点なのかなど、面と向かっては聞きにくいことをズバリ調査しました。これから一戸建て購入を検討している人は必見です!
町内会・自治会の加入率は8割超。「入るのが当たり前だと思った」が7割も

町内会や自治会は「一定の地域ごとに構成された自治組織」です。活動の内容としては、住民同士の交流を深める活動(夏祭り、運動会、敬老会など)と、地域で起こった問題解決のための活動(防犯や防災、清掃活動など)の2つが大きな柱です。一戸建てにお住まいのあなたは、町内会や自治会には加入していますか?

今回の調査で、町内会や自治会に入っているか聞いてみたところ、「入っている」が8割を超え、ほとんどの人が加入していることが分かりました。

【画像1】8割以上と圧倒的多数が加入(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像1】8割以上と圧倒的多数が加入(出典/SUUMOジャーナル編集部)

町内会や自治体に入っている人の加入理由としては、「入るのが当たり前だと思ったから」(67.4%)が圧倒的に多く、つづいて「拒否できなかったから」(27.5%)、「親の世代から入っているから」(14.5%)でした。引越しをしてきて勧められるままに、または父母祖父母の代から住み続けているなど、拒否する選択肢がなかったという理由から、町内会や自治会に加入している人が多いようです。
3位まではどちらかというと積極的な加入理由ではありませんが、4位で初めて「祭りや子ども会など、イベントに参加したいから」(9.1%)という積極派の意見がランクイン。「メリットがあると思ったから」(8.8%)が続きました。

【画像2】「入るのが当たり前だと思った」「拒否できなかった」が上位に。自ら進んで加入した人は少ないようだ(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像2】「入るのが当たり前だと思った」「拒否できなかった」が上位に。自ら進んで加入した人は少ないようだ(出典/SUUMOジャーナル編集部)

一方、「町内会や自治会に入っていない」と回答した人の理由としては、「集まりに参加するのが面倒だから」(25.4%)を筆頭に、「あまりメリットを感じないから」(18.6%)、「入らなくてもご近所付き合いに問題がないから」(18.6%)、「役員などを引き受けたくないから」(15.3%)、「会費を払いたくないから」(13.6%)の5つに分散しました。

【画像3】「集まりに参加するのが面倒だから」など、あまり差もなく5つの回答に分散する結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像3】「集まりに参加するのが面倒だから」など、あまり差もなく5つの回答に分散する結果に(出典/SUUMOジャーナル編集部)

夏祭りに運動会への参加、災害時の協力体制など、メリットを感じている人も多い

また、「町内会や自治会に入っている」と答えた人に、入っていてよかったと思うかを聞いたところ、「どちらともいえない」が37.2%で一番多かったものの、「よかったと思う」(10.6%)と「まあよかったと思う」(30.2%)を合わせると40.8%にのぼり、10人に4人は町内会・自治会に加入してよかったと思っていることが分かりました。

【画像4】「よかったと思う」「まあよかったと思う」の合計が、トップの「どちらともいえない」を上回った(出典/SUUMOジャーナル編集部)

【画像4】「よかったと思う」「まあよかったと思う」の合計が、トップの「どちらともいえない」を上回った(出典/SUUMOジャーナル編集部)

「よかったと思う」「まあよかったと思う」のコメントを挙げると、以下のとおりです。

【イベントに参加できる】
・地蔵盆、運動会などのイベントがあり交流ができる(27歳・女性)
・夏祭りやボランティア活動などのときに、町内会の人たちと打ち上げ会が楽しいから(43歳・男性)
・子どもたちと一緒にイベントに参加できる(36歳・男性)
・町内の芋煮会などのイベントを、地域の方々と仲良く楽しんでいるから(44歳・女性)
・春と秋の草取りで、ほかの方と話す機会があるので(43歳・女性)

【防災・防犯面】
・地域に知り合いがいると、困ったときに相談に乗ってもらえたり、助けてもらえたりする(44歳・女性)
・近所に顔見知りができて防犯にもなるから(40歳・男性)
・災害時の協力体制ができている(46歳・男性)
・防災訓練に参加できるので(45歳・男性)
・挨拶できる顔見知りが近所に増えることで地域の安全面でも役に立つし、生活にハリがでるから(41歳・女性)

【助け合い】
・夏祭りがあったり、子どもの見守りをしてくれたり、近所で助け合う心構えを持った方が多くてありがたい(42歳・男性)
・お互いに助け合いの精神(47歳・男性)

【地域の情報を得られる】
・地域のことが分かるから(47歳・男性)
・回覧板が回ってくると、地区のことが分かる(42歳・女性)
・子どもに関する情報が入りやすい(44歳・男性)

夏祭りや運動会などのイベントに参加できるというコメントが多数。日々の活動は面倒と思いつつも、イベントには楽しんで参加している人が多いようです。ほか、防災訓練に参加できたり、近所に顔見知りができることで、防犯面で安心できたりなど、防災・防犯面でのメリットも挙がりました。また、回覧板などで地域の情報をタイムリーに知ることができるのもプラス要素のようです。

「入りたい!」と思ってというよりも、誘われるがまま、拒否できなかったなどの理由で何となく加入するケースが多い町内会や自治会。活動が面倒と思うこともあるようですが、企画されるイベントや定期集会への参加などでの地域の人との交流をはじめ、防犯・防災面での安心感など、得られるメリットはたくさんあるようです。
一戸建てはマンション・アパートなどの集合住宅と違い、管理組合や管理会社がありません。町内会や自治会への参加は個人の自由ですが、そのメリットを利用して、快適な生活を手に入れるのも一つの選択かもしれませんね。

●調査概要
・[ご近所付き合いに関するアンケート]より
・調査期間 2017年9月20日~21日
・調査方法:インターネット調査(ネオマーケティング)
・対象:全国の一戸建て住宅にお住まいの20~49歳の既婚者
・有効回答数:男女400名(子どもがいない男性100名、子どもがいない女性100名、中学生以下の子どもがいる男性100名、中学生以下の子どもがいる女性100名)●関連記事
・ご近所調査[1] マンション・アパートのご近所付き合い、賃貸と持ち家でどう違う?
・ご近所調査[2] あなたは大丈夫?マンション・アパートで非常識だと思われるのはこんな行動
・ご近所調査[3] 住んでいるマンション・アパート内で住人トラブルがあった人は10人に1人!
・ご近所調査[4] 一戸建てに住んでいる人は、どの程度のご近所付き合いをしているの?

【住まいに関する関連記事】

ご近所調査[4] 一戸建てに住んでいる人は、どの程度のご近所付き合いをしているの?
自治会・町内会の「ルール」、どこまで従うべき?
「今度ゴハン食べにおいでよ」が原点、子ども食堂を始めた想いとは
取り壊しの儀式に700人 「建物のお別れ会」が描く終わりと始まり
ご近所調査[3] 住んでいるマンション・アパート内で住人トラブルがあった人は10人に1人!
住まいに関するコラムをもっと読む

出発:

到着:

日付:

時間:

test