住民経営マンション「管理はつなぐ」[5] 「クロスエアタワー」

SUUMOジャーナル

住民経営マンション「管理はつなぐ」[5] 「クロスエアタワー」の記事画像

住民経営マンションを取り上げる本連載の第5回では、クロスエアタワーを紹介する。高架の首都高3号渋谷線と山手トンネルの高低差約70mを接続し、ジャンクション、公園、集合住宅などを合わせて建設。世界でもほぼ前例のない高度な土木技術を駆使した複合再開発で生まれたマンションだ。メイン写真手前は9階で接続する人工庭園。2回転ループした高速道路の屋上、地上約35mの高さにつくられており、未来感漂う先鋭的な構造だ。
ヨガ教室や、ケーキ教室など多彩なイベントが盛況

第4期理事長の礒辺氏が話す管理組合の方針は、クロスエアタワーの未来的な外観と異なる家庭的なものだった。
「縁あって同じマンションに暮らすのだから、やはり良いコミュニティを築きたいというのが理事会の総意です。そのため、住民間の交流を促そうといろいろなイベントを行っています」
その内容が充実している。2年前から始めたヨガ講座は6階の広いラウンジを使って月に十数回実施。著名インストラクターの指導が好評で、毎回約15~30名の枠がすぐに埋まる。昨年10月半ばには初の試みとして、タワー屋上で中秋の名月に照らされながらのヨガも実現させた。また、住民自ら名乗り出て講師役を務めるクリスマスケーキ教室開催や、ひな人形の寄贈など理事以外の住民からの働きかけも目立つ。「新年会、ハロウィン、クリスマスツリー点灯式+コンサートなどのイベントもあり、これらが盛況なことから住民の皆さんが能動的に動いてくださるようになったと思います」

(左)ヨガ教室は初心者~中級者までレベル別に開催。男性も3~4割参加 (右)住民から寄贈されたひな人形は計2台。春に1階グランドロビーに飾られる (画像提供/クロスエアタワー)

(左)ヨガ教室は初心者~中級者までレベル別に開催。男性も3~4割参加 (右)住民から寄贈されたひな人形は計2台。春に1階グランドロビーに飾られる (画像提供/クロスエアタワー)

トランクルームの増設など、日常的に使う設備改善も

さらに、住民の声や状況に応じて共用施設のカスタマイズも進めている。「ハイルーフや大型SUVなどの所有者が想定より多かったため、余裕があった普通車用の駐車スペースを大型車用に割り当てました。また、駐輪場内に各々の空気入れが置かれて雑然としていたので、エアーコンプレッサーを購入して各自の空気入れを片付けていただいたほか、空きスペースを活用してトランクルームも増設しました」
定期的なイベントだけでなく、住民の日常的な暮らしにも目を配り、整然として快適な共用空間を保つ。こうした取り組みが功を奏して住民の愛着は着実に増しているようだ。それを象徴するのが、理事の成り手に困らないことだと礒辺理事長は話す。
「40代、50代が中心で忙しい世代ですが、主体的にマンション管理に臨もうとする姿勢を感じます。この機運を次につなげていきたいですね」

(左)新年会やハロウィン、クリスマスツリー設置など主なイベントの会場になる1階グランドロビー(右)4つあるゲストルームは大人気で2 カ月先まで予約が入る。家具はすべてイタリアの人気ブランド、カッシーナ(写真撮影/柴田ひろあき)

(左)新年会やハロウィン、クリスマスツリー設置など主なイベントの会場になる1階グランドロビー(右)4つあるゲストルームは大人気で2 カ月先まで予約が入る。家具はすべてイタリアの人気ブランド、カッシーナ(写真撮影/柴田ひろあき)

建築・住宅計画等を専門とする東京大学教授 大月敏雄氏が語る建築家の視点
世にあるマンションの組合理事には比較的男性が多いが、ここは代々、女性理事が目立つという。女性ならではの視点で商業施設のサインが悪目立ちしないように要望を提出したり、シェアサイクル車体のカラーリングにも配慮するなど、日々の生活に関連する提言が実現していることは、住民の暮らしの満足度を押し上げてきたはずだ。このマンションのように男女の理事がバランス良く存在すると、住み心地の向上につながるのではないだろうか。
また、駅周辺の再開発とグローバル化が進む渋谷の市街地に近いことから、物件内表示の多言語化も検討材料に挙げているとのこと。都心の物件なら今後の国際化は不可避なだけに、参考にしたい取り組みだ。国道246号線と山手通りの交差点に面した商業施設。品ぞろえ豊富なスーパーは25時まで営業(撮影/柴田ひろあき)

国道246号線と山手通りの交差点に面した商業施設。品ぞろえ豊富なスーパーは25時まで営業(撮影/柴田ひろあき)

住宅部会は計11名、非住宅部会は計3 名で構成。月1 回、定例報告や商業施設サイン変更の事前確認、イベント計画の共有などを行う。住宅部会は副理事長3 名で理事長を補佐する

住宅部会は計11名、非住宅部会は計3 名で構成。月1 回、定例報告や商業施設サイン変更の事前確認、イベント計画の共有などを行う。住宅部会は副理事長3 名で理事長を補佐する

※この記事は『都心に住む』2017年9月号(7月26日発売)からの提供記事です
※管理組合のルールや方針は変更される場合があります

【住まいに関する関連記事】

「マンション管理」、住民主導でここまでやっちゃう!?
“管理良好”なマンションに学べ、数年がかりの管理組合改革[後編]
街開きイベントの企画を入居者が? コミュニティ形成は入居前から!
築33年マンションの挑戦[前編] 3つのマンションが街を変える
住民経営マンション「管理はつなぐ」[1] “100年住宅づくりに挑む”~広尾ガーデンヒルズ~
住まいに関するコラムをもっと読む

出発:

到着:

日付:

時間:

test