アンダーセン・グローバルがモザンビークに進出

(ビジネスワイヤ)

サンフランシスコ--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- アンダーセン・グローバルは、モザンビークのマプトに本拠を置く法律事務所のIsalcio Mahanjane e Associadosと協力して、アフリカでの基盤拡大を継続します。南東アフリカ地域をカバーする戦略的拠点となるモザンビークは、過去14カ月にアンダーセンが協力関係または提携関係を確立したアフリカで6番目の国であり、同国のIsalcio Mahanjane e Associadosとの協力関係は、アフリカ地域におけるアンダーセンの事業の成長を意味します。

マネジングパートナーのIsalcio Mahanjaneが統括する同事務所には10人の専門家が所属し、企業および個人向けにあらゆる法務分野における質の高いサービスを提供しています。具体的には、商法および会社法、銀行および金融法、労働法、不動産管理、石油・ガス、鉱山、一般訴訟・行政訴訟などを専門としています。

グローバル会長でアンダーセン・タックス最高経営責任者(CEO)のマーク・フォアザッツは、次のように述べています。「当組織がアフリカで最高水準のソリューションの提供に注力する中、モザンビークはポルトガルにおける当組織の業務との連携が期待できる重要な拠点となります。Mahanjaneが率いるチームは仕事に対して強い情熱を持ち、業務に変革をもたらすことに取り組んでいます。透明性、シームレスなサービス、質の高いクライアント重視の姿勢を大切にする当組織の価値観を共有する専門家たちと連携していくことを大変うれしく思います。」

Mahanjaneは、次のように述べています。「私たちは、最高水準の法務サービスの提供と専門家としての倫理の重視を最優先しています。アンダーセン・グローバルとの協力により、引き続き顧客第一の姿勢を維持し、国際的連合体であるアンダーセン・グローバルの提携事務所との連携を通じて現在の業務基盤をさらに拡大させていくことが可能となります。」

アンダーセン・グローバルは、世界各地の税務および法務の専門家で構成される法的に個別の独立した提携事務所の国際的連合体です。米国の提携事務所のアンダーセン・タックスにより2013年に設立されたアンダーセン・グローバルは現在、世界に3000人を超える専門家を擁し、提携事務所と協力事務所を通して世界に109カ所以上の拠点を有しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Andersen Tax
Shereen Ameri, 650-289-5742


企業プレスリリース詳細へ
ビジネスワイヤトップへ

出発:

到着:

日付:

時間: