台風10号、沖縄本島付近通過=暴風高波、大雨警戒-気象庁

時事通信社

 台風10号は21日午前、沖縄本島付近を通過した後、東シナ海を北西へ進んだ。気象庁は沖縄・奄美では昼すぎまで暴風、夕方まで高波や大雨に警戒するよう呼び掛けた。10号は22日午前には中国大陸に上陸する見込み。

 10号は21日午前10時、那覇市の北約70キロの海上を時速30キロで北西へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。北東側500キロ以内と南西側330キロ以内が風速15メートル以上の強風域。

 沖縄本島の沖縄県国頭村では21日午前5時50分ごろに最大瞬間風速24.8メートルを観測した。鹿児島県・徳之島の同県天城町では午前9時55分ごろまでの1時間に49.0ミリの激しい雨が降った。

 沖縄・奄美の22日正午までの24時間雨量は多い所で120ミリ、21日の最大瞬間風速は35メートル、波の高さは7メートルと予想される。 

出発:

到着:

日付:

時間: