慶應評議員選挙 1回生国会議員が異例の立候補 スルガ銀元会長やリニア談合「大林組」会長の名も

長谷川 量一 (ジャーナリスト)(News Socra)

スルガ銀元会長やリニア談合「大林組」会長の名もの記事画像

Reuters

 オリンピックではないが、関係者には4年に1度のビッグイベントなのだ。慶応義塾の最高意思決定機関「評議員会」のメンバーである評議員約100人の3割、30人の「卒業生」枠の選挙のこと。56人の候補者が「名誉」を賭けた票の争奪戦を繰り広げている。とはいえ、基本的に立候補者は理事会推薦で、落選者の「敗者復活」の道もあり、最終的にほぼ全員が評議員になる仕組みで、「出来レース」の声も出る。ただ、今回は理事会推薦なし…

出発:

到着:

日付:

時間:

test