スバルの検査不正 国交省の勧告で一区切り ゴーン前日産会長、ハイブリッド開発中止など判断ミス

岩城 諒 (経済ジャーナリスト)(News Socra)

 ゴーン前日産会長、ハイブリッド開発中止など判断ミスの記事画像

Reuters

 SUBARU(スバル)が工場から出荷した完成車の検査不正問題は、これで終止符を打つことができるのか。 石井啓一国土交通相は2018年11月14日、スバルの中村知美社長を国交省に呼び、一連の検査不正について再発防止を求める勧告を行なった。国交省は完成検査の業務を再点検して再発防止策を徹底するようスバルに求め、業務が改善するまで同社を「重点的な監視対象」にするとした。 「重点的な監視対象」とは、「通常であれば数…

出発:

到着:

日付:

時間:

test