香港取引所、中国ユニコーンの上場続々、小米、美団点評など 議決権種類株の解禁が呼び水に、アリババ、DJIに逃げられ反省

企業家倶楽部(News Socra)

議決権種類株の解禁が呼び水に、アリババ、DJIに逃げられ反省の記事画像

ラム香港行政長官=企業家倶楽部

 香港が中国ユニコーン企業の出口戦略の拠点として注目を集めている。米中貿易戦争のあおりを受けて株価は低迷するが、資金回収を急ぐ有望企業は相次ぎIPO(株式公開)に踏み切っている。一株当たりの議決権が異なる種類株の発行を解禁したことが香港取引所が選ばれている理由だ。 スタートアップ不毛地帯だった香港には初めてのユニコーン企業も誕生しており、今後、アジアのスタートアップ・ハブとして注目が高まりそうだ…

出発:

到着:

日付:

時間:

test