人口透析中止による死は尊厳死か 変わる「リビング・ウィル」への医師の対応が焦点

山岡淳一郎 (作家)(News Socra)

変わる「リビング・ウィル」への医師の対応が焦点の記事画像

Reuters

 毎日新聞がスクープした「公立福生病院」の人工透析、患者死亡事件が波紋を広げている。 昨年8月、福生病院の外科医(50)が腎臓病患者の女性(当時44)に対して人工透析をやめる選択肢を示し、人工透析中止を選んだ女性が一週間後に死亡した。亡くなる直前まで「透析しない」「撤回しようかな」と女性の判断は揺れていたという。 さらに毎日の続報では、この女性とは別に福生病院が2013年4月~17年3月にかけて、患者が…

出発:

到着:

日付:

時間:

test