新宿花園神社に水族館劇場 満洲ロマンを突き抜けて建つ! 【インタビュー】水族館劇場代表・桃山邑氏

山岡淳一郎 (作家)(News Socra)

【インタビュー】水族館劇場代表・桃山邑氏の記事画像

水族館劇場代表の桃山氏(撮影・山岡)

 春爛漫、東京・新宿の花園神社で「水族館劇場」の新作、『Nachleben(ナッハレーベン)揺れる大地』(4月16日まで)を観た。メディアには新元号「ビューティフル・ハーモニー」が溢れ、人びとは花見酒に酔い痴れる。そこに強烈なぶちかましだ。Nachlebenとはドイツ語で「死後の生」の意味だという。 水族館劇場の演劇は、代表の桃山邑(ゆう)と役者たちが仮設資材で芝居小屋をつくるところから始まっている。図面を引き、鉄…

出発:

到着:

日付:

時間:

test