政府は景気回復の判断を維持か 【木内前日銀政策委員の経済コラム(42)】国内景気「悪化」判断で浮上する政策期待

木内 登英 (前日銀政策委員、野村総研エグゼクティブ・エコノミスト)(News Socra)

【木内前日銀政策委員の経済コラム(42)】国内景気「悪化」判断で浮上する政策期待の記事画像

CC BY /smhsh(cropped)

 国内景気が後退局面入りしたとの観測が強まっている。 5月13日に内閣府が発表した3月景気動向指数で、一致指数(CI)の基調判断は、景気後退入りの可能性を示す「下方への局面変化」から、景気後退の可能性が高いことを示す「悪化」へと引き下げられた。「悪化」という判断が示されたのは、2013年1月以来6年2ヵ月ぶりのことだ。 ただしこの判断は、政府の公式の景気判断とは別で、機械的に算出されるものだ。一致指数(CI)が…

出発:

到着:

日付:

時間:

test