ルノー・FCA破談 フランスは「社会主義国」だった 【舛添要一の僭越ですが(182)】 自国第一主義の弊害、安倍氏はトランプ氏に政策変更を迫るべきだが

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

【舛添要一の僭越ですが(182)】 自国第一主義の弊害、安倍氏はトランプ氏に政策変更を迫るべきだがの記事画像

スナール・ルノー会長=Reuters

 最近のルノーの動きを見ると、フランスが「社会主義国」だということを再認識させられる。米中貿易摩擦でアメリカが中国に対して苛立っているのは、中国が国家主導の産業政策によって民間企業の自由で公正な取引を阻害しているからである。その中国にフランスも似ている。 フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は、5月27日、ルノーに対し経営統合を申し入れた。1925年に設立されたアメリカのクライスラーは2009…

出発:

到着:

日付:

時間:

test