金融緩和のやりつくし、菅ノミクスは必然的に「改革」へ 【門間前日銀理事の経済診断(35)】だが「改革」は金融緩和よりはるかに難しい

門間 一夫 (みずほ総合研究所 エグゼクティブエコノミスト)(News Socra)

 アベノミクスの「第一の矢」という位置づけで2013年に始められた異次元緩和。安倍前首相が退陣するまでの約7年半で得られた成果は何だったのだろうか。 一般的な理解は、円安・株高に勢いをつけ、アベノミクスのスタートダッシュを成功に導いたことであろう。あるいは、戦後最長並みの景気拡大や、それに伴う雇用情勢の大幅な改善を、緩和的な金融環境によって支え続けたとも言えるかもしれない。 そうした見方を否定するつ…