綱渡り覚悟で進む東京五輪  【舛添要一が語る世界と日本(92)】無責任体制、精神論… 東京五輪は「太平洋戦争」?

舛添 要一 (国際政治学者)(News Socra)

 東京五輪は、7月23日に開会式である。もう2ヶ月を切っている。 東京都などに出されている緊急事態宣言も6月20日まで延長されたし、開催の中止や再延期を求める声は内外で高まっており、五輪歓迎ムードとはほど遠い状況になっている。 日経新聞の世論調査(28~30日)によると、「中止もやむを得ない」が40%、「再延期もやむを得ない」が22%、「今夏実施」が34%(「通常通り」が1%、観客数制限が17%、無観客が16%)であ…