中国電力危機は習体制の失政  【近藤大介の東アジア展望・動画】急すぎる脱炭素目標の設定や豪州産の石炭禁輸が響く

近藤 大介 (ジャーナリスト)(News Socra)

 東アジアウォッチャーの近藤大介さんに、中国経済減速の主因ともいわれる電力危機について聞きました。習近平主席が昨年秋の国連総会で打ち出した2030年カーボンニュートラルの影響で、地方政府が石炭生産に制限をかけたことが響いているうえ、オーストラリアへの制裁措置として石炭輸入を禁止したことが自らの首を絞めたと言います。不動産大手の経営問題も含め習政権の失政がもたらした経済悪化ですが、近く開かれる共産党の…