世界1億DL 着信識別アプリ「Whoscall」 お笑い芸人・四千頭身とのコラボレーション動画を6月27日よりYoutubeで公開

(PR TIMES)

~同時にWhoscallプレミアム版2か月無料キャンペーン実施~

 知らない電話番号からの着信識別アプリ「Whoscall(フーズコール)株式会社」(本社:福岡県福岡市、CEO:ジェフ・クオ)は、お笑い芸人・四千頭身とコラボレーションした動画を6月27日(月)にYouTubeにて公開します。また同時に「四千頭身、コラボレーション動画公開記念キャンペーン」を6月27日(月)~7月31日(日)の期間限定で実施いたします。
■YouTube動画 URL:https://youtu.be/ihojTRmAavw

[画像1: https://prtimes.jp/i/58563/16/resize/d58563-16-4592e3db103c3a2bbce5-0.jpg ]

 「Whoscall」は、電話帳に登録されていない電話番号を16億件のデータベースをもとに識別・迷惑電話をブロックする、全世界でダウンロード数1億を突破した迷惑電話対策アプリです。架空請求業者からの着信にも「Whoscall」を通して、詐欺被害の防止対策ができます。
 現在、コロナ禍で詐欺行為が横行しています。Whoscallの統計では、2021年に全世界で確認された詐欺電話や詐欺SMSの識別件数は前年比58%増の4億6000万件に達し、増加の一途をたどる傾向は、詐欺行為がアフターコロナ時代においても留まることを知らない可能性を示しています。
 このような状況を受け、多くの方に詐欺の実態・対策を知っていただくことを目的に、お笑い芸人・四千頭身とコラボレーションする運びとなりました。

 また同時に、詐欺被害抑止に向けより多くの方にWhoscallを体験いただくため、「四千頭身、コラボレーション動画公開記念キャンペーン」を実施いたします。この機会に、知らない番号からの電話やSMSに関する不安を解消するWhoscallをご体験ください。



コラボレーション動画 概要


公開日      :2022年6月27日(月)
配信チャンネル  :YonTube(四千頭身公式チャンネル)
動画URL     :https://youtu.be/ihojTRmAavw
[動画: https://www.youtube.com/watch?v=ihojTRmAavw ]



<動画の見どころ>
撮影中の四千頭身に突然電話がかかってくる。3人がそれぞれ電話で伝えられたお題の人物になりきって登場。「カニハーフの恐竜」「新感覚占い師」「Appleを知らない8歳のスティーブ・ジョブス」などに扮してトークを繰り広げる中、四千頭身・石橋さんがクレジットカード会社を装った詐欺電話を受信。カード情報を教えようとしたところに、後藤さんと都築さんの二人が「詐欺電話だろ!」と止めに入り詐欺対策をレクチャーします。
[画像2: https://prtimes.jp/i/58563/16/resize/d58563-16-5d1591f2b1aa402611af-9.jpg ]



[画像3: https://prtimes.jp/i/58563/16/resize/d58563-16-9edc1c25dea3e42a08d3-2.jpg ]



[画像4: https://prtimes.jp/i/58563/16/resize/d58563-16-61d0744ff51bfacd79a3-3.jpg ]




お笑い芸人・四千頭身(よんせんとうしん)プロフィール

ワタナベコメディスクール22期生として出会った都築拓紀、後藤拓実、石橋遼大がトリオを結成し、2016年にデビュー。同年12月放送の「新しい波24」(フジテレビ)でテレビ初出演を果たし、注目を集める。NTV「有吉の壁」、FMFUJI「四千ミルク」レギュラー出演中。


「四千頭身、コラボレーション動画公開記念キャンペーン」概要


開催期間 :2022年6月27日(月)~2022年8月31日(水)
内容   :四千頭身とのコラボレーション動画を記念して、月額250円~のWhoscallプレミアム版を通常1か月無料トライアルのところ、2か月無料で使用できるクーポンを配布いたします。
※コード数に上限があります。おひとり様1回限り、上限に達し次第終了となります。
※クーポンコードは8/31までにRedeemしていただき、ご使用ください。
URL   :https://general.onelink.me/3641113820/Yonsentoshin
クーポンコード:WCJUNE22




台湾発の着信番号識別・迷惑電話対策アプリ「Whoscall」とは


台湾のGogolookが開発・提供するスマートフォンアプリ「Whoscall」は、現在、全世界で1億ダウンロードを超えており、台湾では2人に1人がダウンロードする実績を持ちます。CEOのジェフ・クオは、台湾の総統・蔡英文(ツァイ・インウェン)氏から2020年9月に台湾総統イノベーション賞を受賞しました。台湾ではCIB(犯罪捜査局)、韓国ではFSS(韓国金融監督院)、タイではPCT(タイ警察サイバータスクフォース)と協力して詐欺被害対策に取り組んでいます。日本では、福岡市のAIやIoT等の先端技術を活用した社会課題の解決等に繋がる実証実験プロジェクトに採用されています。Whoscallは2015年にはAPP Storeのベストアプリとして表彰され、2013年及び2016年にはGoogle Playのベストアプリを受賞しており、Googleの元CEOであるエリック・シュミット氏のスピーチでも取り上げられ、称賛を受けました。
Whoscallは、東アジア最大の16億件もの各国電話番号データベースを有しており、AI技術を用いて詐欺の電話番号を検出します。SMSを利用した詐欺の場合、Whoscallはハイパーリンクスキャンテクノロジーを用いて、わずか0.5秒で不審なSMSや悪意のあるリンクを検出しアンドロイド端末に通知します。昨今のコロナ詐欺の急増などを考慮し、Gogolookはスタートアップ企業への支援が豊富な福岡市に日本法人(Whoscall株式会社)を設立しました。
今後も日本市場でのサービス拡大と消費者の皆様の安心・安全への貢献を目指します。

Whoscall (iOS/Android版):https://general.onelink.me/3641113820/nf00h25m
公式サイト:https://whoscall.com/ja



会社概要


会社名   : Whoscall 株式会社
代表者  : ジェフ・クオ(郭建甫)
所在地  : 福岡市
設立   : 2020年 11月
事業内容 : 電話番号識別サービス「Whoscall(フーズコール)」の運営・開発
URL   : https://whoscall.com/ja/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ