ロシア疑惑でのトランプ米大統領への偏見、司法副長官が否定

(ロイター)

ロシア疑惑でのトランプ米大統領への偏見、司法副長官が否定の記事画像

12月13日、米大統領選挙へのロシア介入疑惑を巡る捜査の担当者らがトランプ米大統領に対する偏見を持っているとする共和党議員の主張について、ローゼンスタイン米司法副長官は、これを否定した。下院司法委員会で証言する同米司法副長官(2017年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 13日 ロイター] - 米大統領選挙へのロシア介入疑惑を巡る捜査の担当者らがトランプ米大統領に対する偏見を持っているとする共和党議員の主張について、ローゼンスタイン米司法副長官は13日、これを否定した。

ローゼンスタイン副長官は下院司法委員会で証言。ロシア介入疑惑を捜査するモラー特別検察官のチームによる不適切な行為は「認識していない」と述べた。

同委員会の共和党議員らは、米連邦捜査局(FBI)の職員2人によるテキストメッセージがトランプ氏に対する偏見の証拠だと指摘。

議員らは、FBIの弁護士リサ・ペイジ氏と、モラー特別検察官の捜査に加わっていたFBI捜査官ピーター・ストロザック氏が昨年交わした、トランプ氏に批判的な300以上のメッセージを確認したとし、一部を読み上げた。ロイターが確認した文書によると、中にはトランプ氏を「ばか」「忌まわしい人物」と呼ぶメッセージもあった。

ローゼンスタイン副長官は、司法省によってメッセージが明らかにされた後にモラー氏がストロザック氏を捜査から外したとし、モラー氏が捜査が政治的偏見の影響を受けないようにしているとの見解を示した。

また、同捜査を率いる人物としてモラー氏が「理想的」だと述べた。

モラー特別検察官はローゼンスタイン副長官によって指名された。モラー氏はロシアとトランプ陣営が共謀したかどうかも調べている。

出発:

到着:

日付:

時間:

test