NY州製造業業況指数、7月は低下 新規受注・雇用が減速 

ロイター

[ワシントン 16日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀が発表した7月のNY州製造業業況指数は22.6となった。市場予想の22.0を上回ったものの、前月の25.0からは低下した。

内訳は新規受注が18.2と、前月の21.3から低下し、従業員数は17.2と、19.0から低下した。

支払価格も前月の52.7から42.7に低下した。

6カ月先の業況見通しは31.1。前月は38.9だった。

出発:

到着:

日付:

時間: